© 2017 RICOCHET DESIGN all rights reserved.

  • Instagram
  • facebook


 新たな表現アプローチ「造形描画」への挑戦


渡仏の経験を経て、「絵画のような・工芸のような・その曖昧な境界にあるもの」に自身の興味が向かうようになり、「工芸」の概念を基礎とした新しい制作理論を試す試行錯誤の日々が続きました。そして、ようやく、陶芸技法を用いてしか得られない独特な風合いや色合いをベースに「陶芸」という枠を超えた表現アプローチ「造形描画」にたどり着くことができました。「陶芸」という確固たる概念のもと曖昧な境界で揺れ動く自身と対峙しながら、これからも挑戦を続けていきたいと思います。
 


「造形描画」で表現する「美しく穏やかな未来」


美しい存在を穏やかな未来につ なぎたい。
本展では、自身の新たな表現アプローチ「造形描画」を用いて自然の美を静穏なる青の炎で包み込むことにより、その想いを表現しました。静穏な青に満ち溢れた世界をご高覧頂けましたら幸いです。

 

Drawing pictures and doing hand-made crafts has been the best means of self-expression for me since I was a young child.
After learning traditional ceramic art at Tokyo University of Arts for nine years ,

I further more learned about European ceramics in France.
All these experiences fused, something fresh arose among me newly which strongly attracted me.
I like the unique textures and original colors in pottery and ceramics. I wanted to try to combine  these attributes between drawing and ceramics.
When I went back to Japan, I started to challenge  the ability to shape my admiration for this in my mind. I call it "Molding Drawing by Ceramics".
Though what I was eager to express is yet vague and ambiguous, I'd like to continue to challenge such attractive works.